昔と今のサラ金の意味とは

サラ金の意味はサラリーマン金融の略語です。サラリーマンをターゲットにした個人向け個人融資のことです。コマーシャルで良く聞く金融機関ももともとはサラ金でした。サラ金の意味と言っても、銀行系消費者金融もあります。この二つは何が違うのか。行っている仕事内容はあまり変わりありませんが、貸し付ける時の内容や審査の基準など、明らかに違うというところがあります。それは利息にあります。 銀行系消費者金融の利息に、利息上限法というというものを使い、利息の上限を設けているのに対し、サラ金には出資法というものを使って利息を設けています。これは、出資法の方が明らかに高いと言えます。ではなぜ、サラ金にお金を借りる人が多いのでしょうか。 それは、審査が銀行系消費者金融と違い通りやすく、すぐにお金を貸してくれるからです。

しかし、簡単にお金を貸してくれるということは、高金利で融資することによって、返済を長引かせ、長い間利息をもらい設ける方法です。最終的にお金を返せなくなった場合、自己破産になるわけですが、銀行系消費者金融は、たとえたくさんお金を使ってしまったとしても金利が低いため、利息で借金がふくれあがるということはありません。お金を借りる前にしっかり調べ、自分に合った金融会社を探す必要があります。 また、マイホームを買うときにも注意したい点があります。マイホームを買うとき長期的な借り入れになるので、審査もほかの借り入れに比べて銀行では厳しく行います。このような点でも、サラ金から借り入れすることはまず考えない方が良いですが、銀行系消費者金融より銀行が一番だと言えます。 現代では、サラリーマンだけでなく、専業主婦やOLなども気軽にお金を借りることができるため、審査がすぐ通るサラ金を利用するお客様が増えています。家族の中にどこかからお金を借りている可能性がある場合や、不安な場合は一度弁護士に相談することをおすすめします。