サラ金でおすすめしたいのは大手

サラ金には街金から大手消費者金融まで存在しますが、おすすめしたいのは大手消費者金融です。大手は申込・借入・返済方法に至るまで数多くの方法があり、利用者の都合に合わせた内容となっています。街金だと原則として窓口または電話契約が一般的ですが、大手はWEB完結のサービスも用意されていることが多いです。自宅から一歩も外出することなくお金を借りることができるのです。お金は指定口座に振り込んでもらえるので、カードを発行せずに利用できるローンもあります。返済方法は大手だと口座引き落としに対応したものが多く、来店・カード返済などを避けられます。街金は原則として来店または銀行振込による返済となるので、バレてしまう可能性は大手より高くなります。銀行振込の手数料は借り手が負担するので、追加返済をするたびに手数料が発生します。大手の口座引き落としだと手数料は無料ですし、返済を忘れてしまうリスクを避けることができるのです。サラ金を選ぶときは金利もよく比較して、一番低いところを選びたいものです。

以前は低金利ローンほど審査が厳しいと言われていましたが、今はさほど差はありません。何より同種の金融機関である以上は金利に大きな差はないのです。街金は20.0%のところもありますが、基本的には18.0%以下が多くなっています。大手の消費者金融の場合だと17%台~18.0%になることが多く、街金と比べてそれほど差があるわけではありません。大手の消費者金融をおすすめする理由には、サービスや対応がよいこともあります。返済日の数日前にメールでお知らせしてくれるサービスもあります。スタッフの対応も全般的に大手のほうがよいことが多いため、迷ったら大手と考えておくのがよいでしょう。実質年率もやや低く設定されていますし、限度枠も500万円などと大きいです。街金だと50万円を限度とするところが多いので、50万円超を借りたい方にも大手をおすすめします。